トラマドール
  • トラマドール
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

トラマドール

更新日:
トラマドールは、術後の痛みやがんの疼痛などの強い痛みを緩和するオピオイド系の低用量鎮痛剤です。
非ステロイド性鎮痛剤(NSAIDs)では抑えきれない強い痛みを緩和するために用いられます。
  • 慢性疼痛の改善
  • がん疼痛の改善

有効成分:トラマドール

ご注文

トラマドール 50mg 20錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,900(1,9001箱あたり
57
カゴに入れる
2箱
3,420(1,7101箱あたり
102
カゴに入れる
3箱
4,840(1,6131箱あたり
145
カゴに入れる

成分一覧

トラマドール50mg

商品詳細

●がん疼痛などの強い痛みの緩和に
トラマドールは、アポテックス社から販売されている犬猫兼用の、がん疼痛・慢性疼痛の治療薬です。
がんによる疼痛など、さまざまな強い痛みに対して鎮痛効果を発揮します。
非ステロイド性抗炎症薬や、鎮痛剤などで効果が得られない痛みの抑制に用いられています。

●強い痛みを鎮静するオピノイド系鎮痛剤
製品名であり有効成分でもあるトラマドールは、世界でも広く使用されているオピノイド系の鎮痛剤の1つです。

トラマドールには、主に2つの作用機序があります。
μオピノイド受容体への作用と、セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込み阻害作用を併せ持ちます。
モルヒネなど他の鎮痛作用のある成分などと比較すると、トラマドールは副作用が軽く依存性が少ないことから、安全性に優れていて使用しやすいという特徴があります。

投与方法・使用方法

・犬
体重1kgあたりトラマドール塩酸塩として、5mgを6〜8時間毎に経口投与する。

・猫
初回、体重1kgあたりトラマドール塩酸塩として、2mgを8〜12時間毎に経口投与する。
増量することで、体重1kgあたりトラマドール塩酸塩として、4mgを8〜12時間毎に経口投与することができる。

副作用

犬では、鎮静、循環器・胃腸障害の症状が現れる場合があります。
猫では、嘔吐、興奮、瞳孔散大の症状が現れる場合があります。

注意事項

・本剤は、効能・効果において定められた目的にのみ使用してください。
・本剤は、定められた用法・用量を厳守してください。
・本剤は、獣医師の適切な指導の下で使用してください。
・使用期限が過ぎたものは使用しないでください。
・小児の手の届かないところに保管してください。

メーカー

上へ