鎮痛剤・痛み止め

更新日:
犬と猫の関節炎・ヘルニアに有効な鎮痛剤・痛み止めを取り揃えました。代表的なメタカムをはじめ、お得なジェネリック、その他にも痛みに有効な薬を豊富にご用意しています。

売れ筋ランキング

  • 鎮痛剤・痛み止め 総合

鎮痛剤・痛み止め 総合 ランキング

鎮痛剤・痛み止めの商品一覧

  • リマダイルジェネリック

    リマダイルジェネリック

    リピートNo.1 リマダイル錠のジェネリック医薬品で、犬の鎮痛剤・抗炎症剤です。 有効成分にカルプロフェンを含み、犬の骨関節炎の炎症と痛みの緩和に効果があります。
    製造:チャネル

    もっと見る

    1箱3,950円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パナフコルテロン錠(プレドニゾロン)

    パナフコルテロン錠(プレドニゾロン)

    ステロイド剤売上No.1 パナフコルテロン錠は犬猫兼用のステロイド剤です。 幅広い症状に対して働きます。 慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の補充療法、免疫抑制、アレルギーや炎症の緩和などに効果があります。
    製造:アスペン

    もっと見る

    1本1,833円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カロダイル

    カロダイル

    カロダイルは犬の関節炎、変形性関節症の炎症と痛みの緩和に有効な消炎鎮痛剤です。 副作用が少なく、休薬期間なしに長期投与も可能です。 牛肉風味のフレーバー錠です。
    製造:サバベット

    もっと見る

    1箱2,200円~
    売切れ
    詳細を見る
  • メタフラムオーラルサスペンション

    メタフラムオーラルサスペンション

    メタフラムオーラルサスペンションは犬用の非ステロイド性抗炎症薬です。 急性および慢性の関節炎の痛みの緩和に有効なお薬です。 メタカムのジェネリック医薬品のため、成分や効果はそのままでお求めになりやすい価格でご購入いただけます。
    製造:サバベット

    もっと見る

    1本1,900円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トロコキシルチュアブル

    トロコキシルチュアブル

    30mg 11月上旬頃入荷予定 トロコキシルチュアブルは、犬用の抗炎症剤です。 変形性関節症に伴う炎症および疼痛を緩和させる、チュアブルタイプのお薬です。 月に1度といった投与回数の少なさから、飼い主さんとペットへの負担やストレスを軽減できます。
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1箱4,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メロネックス(メタカムジェネリック)

    メロネックス(メタカムジェネリック)

    メロネックスは犬用のメタカム0.15%経口懸濁液のジェネリック薬です。 ロキシカムを主成分とするオキシカム系の消炎鎮痛剤で、関節炎の炎症と痛みを緩和します。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1本1,366円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • リカルファ

    リカルファ

    リカルファはリマダイルと同じ有効成分であるカルプロフェンが含まれている犬用の鎮痛剤・抗炎症剤です。 関節炎の炎症や痛みに効果があり、休止期間の必要もないため長期投与も可能です。
    製造:クルカ

    もっと見る

    1箱3,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メタカムジェネリック猫用

    メタカムジェネリック猫用

    メタカムジェネリック猫用は、非ステロイド系消炎鎮痛剤です。 避妊、去勢などの周術期や運動器疾患に伴う急性の炎症と疼痛を緩和します。 獣医師の指示に従って投与してください。
    製造:ノルブルック

    もっと見る

    1本1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メタカム0.05%経口懸濁液猫

    メタカム0.05%経口懸濁液猫

    メタカム0.05%経口懸濁液は、非ステロイド系消炎鎮痛剤です。 避妊、去勢などの周術期や運動器疾患に伴う急性の炎症と疼痛を緩和します。
    1本3,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プレビコックス

    プレビコックス

    犬の変形性関節症に伴う慢性の痛み・炎症を緩和する消炎鎮痛剤です。 炎症の原因となる悪玉酵素だけを阻害し、抗炎症・鎮痛効果に優れています。
    1箱4,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オンシオール錠

    オンシオール錠

    オンシオール錠は犬猫兼用の非ステロイド性消炎鎮痛剤です。 変形性関節症や炎症性疾患を伴う軽度から中等度の疼痛に効果があります。 また、鎮痛、抗炎症、解熱作用もあります。
    製造:エランコ

    もっと見る

    1箱3,233円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トラマドール

    トラマドール

    トラマドールは、術後の痛みやがんの疼痛などの強い痛みを緩和するオピオイド系の低用量鎮痛剤です。 非ステロイド性鎮痛剤(NSAIDs)では抑えきれない強い痛みを緩和するために用いられます。
    製造:アポテックス

    もっと見る

    1箱1,613円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メタカム0.15%経口懸濁液

    メタカム0.15%経口懸濁液

    メタカム0.15%経口懸濁液は、犬用に調合されたメロキシカムを主成分とするオキシカム系の消炎鎮痛剤で、関節炎の炎症と痛みの緩和に有効です。
    1本2,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メタカムジェネリック犬用

    メタカムジェネリック犬用

    メタカムジェネリック犬用はメタカムと同一成分のメロキシカムを主成分とするオキシカム系の消炎鎮痛剤です。 犬の関節炎などの炎症や痛みの緩和に有効です。
    製造:ノルブルック

    もっと見る

    1本2,066円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る


ペットの鎮痛剤・痛み止め

ペットの痛み止めと一口にいっても、部位や用途によってさまざまな薬が販売されています。
人間と同じく、炎症性の痛み、関節痛などで処方される薬の種類も異なってきます。

どのような痛み止めがあるか?どのような副作用があるか?どのような薬が今必要か?を、一緒に学んでいきたいと思います。

痛みの治療法

関節の痛みには原因があります。
多くの場合の原因である、軟骨の変形や損傷の自然治癒はなかなか望めません。
それどころか、動かさずにいることで、関節周辺の軟部組織まで萎縮させてしまい、筋肉もこわばり、症状がさらに悪化してしまいます。

関節炎などの治療は、まずは痛みを取り除くことです。
そこから原因に即した治療法を進めていきます。

鎮痛剤
まずはお薬などで痛みを取り除くことが必要です。
痛みがあれば患部を動かすことができず、動かさなければ関節やその他の機能が低下してしまいます。
この負のサイクルを断つことが第一となります。

適度な運動
痛みの度合いにもよりますが、適度な運動は必要です。
関節は動かすことにより、機能を回復、維持できます。
また、体を動かないことでストレスが生まれ、精神的な負担も大きくなってしまいますので、軽度な運動は必要です。

体重管理
体重が重ければ重いほど関節への負担が大きくなります。
これにより軟骨がすり減り、変形してしまう場合があります。
栄養バランスや量に気を付けた食事で、無理なく体重を管理してあげる必要があります。

環境
室内で飼っている犬の場合、フローリングの床は滑るため関節に負担がかかってしまいます。
滑りにくいカーペットを敷いたり、肉球に滑り止めのクリームなどを塗ってあげるなど、関節に負担のかからない環境改善が必要です。

色々な痛み止め

プレビコックス
フィロコキシブ系の消炎鎮痛剤です。動物病院でも犬の痛み止めとして広く処方されるメジャーなお薬です。
炎症の原因となる酵素に選択的に作用し、すぐれた抗炎症・鎮痛効果を示します。
詳細はこちら⇒プレビコックス

リマダイルジェネリック
即効性があり、急性・慢性痛まで幅広く効果がある犬用の消炎鎮痛剤です。
炎症を促進する酵素の代謝を阻害することで痛みを緩和します。
また、ステロイド系に比べ副作用が少ない、犬の好む焼肉フレーバーがついているなどの特徴があります。
詳細はこちら⇒リマダイルジェネリック

メタフラムオーラルサスペンション
非ステロイド性抗炎症薬で、急性・慢性の関節炎の痛みに効果があります。
メタカムのジェネリック薬ですので有効成分や効果は同等ですが、低価格で購入できます。
詳細はこちら⇒メタフラムオーラルサスペンション

カロダイル
カロダイルは、経口投与が苦手なペットのために牛肉風味がついている犬用の消炎鎮痛剤です。
副作用が少なく、炎症を抑え痛みを緩和する効果があります。
詳細はこちら⇒カロダイル

メロネックス(メタカムジェネリック)
非ステロイド系の消炎鎮痛剤で、避妊や去勢、運動器疾患に伴う急性の炎症や疼痛を緩和します。
従来の消炎鎮痛剤に見られる、消化器官障害や腎毒性などの副作用が少ないという特徴があります。
詳細はこちら⇒メロネックス(メタカムジェネリック)

メタカムジェネリック猫用
猫の避妊や去勢、周術期や運動器疾患における炎症と疼痛の改善に効果があります。
メロネックスと同様に、従来の消炎鎮痛剤に見られる、消化器官障害や腎毒性などの副作用が少ないという特徴があります。
詳細はこちら⇒メタカムジェネリック猫用

オンシオール錠
犬猫兼用の慢性関節炎による痛みと炎症に効果があるお薬です。
即効性と持続性に優れ、鎮痛や抗炎症、解熱作用があり、副作用を引き起こす危険性が低いため、安心して使用することができます。
詳細はこちら⇒オンシオール錠

トロコキシルチュアブル
犬用の抗炎症剤で、変形性関節症に伴う炎症や疼痛を緩和させるお薬です。
血中濃度を確実に維持するため、1ヶ月に1度の投与で効果が持続します。
投与回数が少なく、飼主さんとペットへの負担やストレスを大幅に軽減できるお薬です。
詳細はこちら⇒トロコキシルチュアブル

痛み止めの副作用

医薬品にはどうしても副作用があります。
体質はその個体によりさまざまですので、同じお薬を使用しても副作用がまったくない子もいますが、どういった副作用があるのかを理解しておく必要はあります。

吐き気、下痢、嘔吐
お薬を飲んですぐに嘔吐したり、元気がなくなったときは服用を止め、すぐに獣医さんに診てもらうようにしましょう。
長期にわたり痛み止めを服用している場合は肝臓の数値に影響が出ることがあるため、定期的に血液検査を受け、体への影響をこまめに見てあげましょう。

呼吸器の異常
服用後に呼吸困難、気管閉塞など、苦しそうな呼吸をしている場合は、すぐに動物病院へ連れて行く必要があります。
血圧低下やチアノーゼが見られることもあり、歯茎や舌の色が青や白などに変色している場合は、チアノーゼを起こしている可能性があるため急を要します。

強めのお薬の副作用

プレドニゾロン
ステロイド系の痛み止めのため、ほとんどの場合はじめは何かしらの副作用が確認されます。
食欲増進、水を飲む量の増加、おしっこの回数の増加などですが、一過性の副作用のため、徐々に症状はなくなっていきます。
しかし長期間の使用は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝臓障害や糖尿病などの病気にかかりやすくなる場合があります。

モルヒネ
強い痛みを緩和するためのモルヒネは興奮したり、呼吸や脈が遅くなるいう副作用があります。
がんなどの強い痛みを伴う病気の際に使用されますが、依存症などを防ぐためにも獣医の指導のもと、よく相談し使うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
痛み止めは有効成分や部位、症状によって種類が豊富です。
投薬に際しては獣医さんの指示のもと、症状に合った痛み止めを選択することが大切です。

また、獣医さんの指示通りに用法・容量を守り、必ず処方された分量を与えるようにしましょう。
症状が良くなったからと言って途中で与えるのを止めたりすることで、症状が悪化する場合があります。
家族の一員である大切なペットの健康を守れるのは飼い主さんしかいません。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
ようこそ、ぽちたま薬局へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

ぽちたまメディア
ぽちたま薬局公式twitter

Twitter限定キャンペーンなどお得な情報がいっぱい!


ぽちたま薬局スタッフブログ

ぽちたま薬局のスタッフがペットのご飯にフォーカスし、ペットの健康を考えます。

お知らせお知らせ一覧
上へ