シャンプー

更新日:
マラセチアの治療に人気の薬用シャンプー、虫除けシャンプー、スキンケアシャンプーなど、犬猫のシャンプーを海外から格安でお届け。低刺激のものや毛並みを整える商品も取り揃えています。

売れ筋ランキング

  • シャンプー 総合
  • 薬用シャンプー
  • 虫除けシャンプー
  • 毛づや・スキンケア・消臭

シャンプーの商品一覧

もっと見る


ペットのシャンプー

ペットは長期間シャンプーしなければ、ノミやダニなどによる様々な皮膚のトラブルを引き起こしてしまう場合があります。
昨今のペットブームによって様々なペットグッズが販売されていますが、シャンプーもそのひとつです。

用途やお好みに応じてさまざまなシャンプーを選べるようになっています。
被毛や皮膚の保護を目的としたものや、皮膚炎の予防と改善のための薬用シャンプー、虫除け効果のあるものなど、さまざまなシャンプーが販売されています。

用途に応じたシャンプーの選び方などを学んでいきましょう。

犬のシャンプー

犬のシャンプーは一月に1~2回程度が望ましいとされています。
愛犬の臭いが気になるあまり週に何度かシャンプーをされる飼い主さんもいらっしゃいますが、シャンプーのし過ぎは必要な皮脂まで落としてしまうため、皮膚が刺激を受けてしてしまい、皮膚炎などの原因となる可能性があります。
どうしても臭いが気になる場合は、お湯のみで体を洗うようにしましょう。

また、被毛に覆われた犬は、人間のように即座に体温を調節することができません。
そのためにシャワーの温度は、体温に近い37~38℃が望ましいとされています。
熱いお湯で急激に体温が上昇してしまうと犬の体力を奪われてしまいます。
逆に温度が冷たすぎると風邪を引いてしまう場合があるため、注意しましょう。

●シャンプーの注意点

犬の皮膚はデリケート
犬の皮膚は人間よりもデリケートです。シャンプー剤はできるだけ低刺激なものを使用するようにしましょう。
また、洗ってあげる際は、皮膚を傷つけないように、指の腹で優しく揉み洗いしてあげましょう。
ここで重要なのは、シャンプーそのものよりも、すすぎです。
体に残ったシャンプー剤は皮膚のトラブルの原因となってしまうため、すすぎは特に時間をかけて念入りに行うようにしましょう。

洗った後が大事
シャンプーが終わった後はタオルドライです。
この際も強くこすらないように優しくタオルで全身の水分を吸い取ってあげ、できればドライヤーをかけてあげましょう。
犬は体温調節が即座にできないため、濡れたままの状態だと、みるみるうちに体温が低下してしまう場合があります。
ただし、熱風を直に当て続けてしまえば熱さを感じ、ドライヤーを怖がるようになってしまいます。
ぬるめの風で時間をかけてゆっくり乾かしてあげるようにしましょう。

猫のシャンプー

犬と違い、猫は皮膚や被毛が水に濡れることを嫌がります。
これは、猫の祖先とされるリビアヤマネコが、昼夜の寒暖差の激しい砂漠で暮らしていたことに由来しています。
昼夜の気温差が激しい砂漠では、体が濡れたまま夜になると、水分が蒸発する際の気化熱で体温を奪われてしまい命に関わってきます。
このようなことから、猫は水に濡れることを本能的に嫌うようになったと言われています。
猫の場合はグルーミングをすることで、被毛の汚れを自身で舐め取っているため、よほどのことがない限りシャンプーは必要ないとされています。

●シャンプーが必要な猫

長毛種
グルーミングが行き届かずに汚れが目立つことがあるため、汚れの場合によってはシャンプーを行っても良いでしょう。

太った猫
太った猫は自身の口が汚れに届かず、グルーミングが行き届いていない場合があります。
汚れが目立ったり、固まってしまっているのが確認できる場合はシャンプーが必要になります。

病気や高齢の猫
病気や高齢で思うようにグルーミングができない場合は被毛が汚れてしまっている場合があります。
ただし、被毛や皮膚が濡れること自体がストレスとなるため、できる限り控えてあげたいところではありますが、あまりにも汚れが目立つ場合はシャンプーをしてあげる方が良いかもしれません。

ペット用のシャンプーの種類

ペット用のシャンプーと言っても、種類が多すぎてどのようなものを選べばいいのか迷ってしまうことはありませんか?
しかも海外製のものであれば、説明が英語表記だったりするため、どういう効能があってどんな時に使えば良いのかわかりませんよね。
ここでは当サイトで取り扱っているおすすめのペット用のシャンプーについて説明しています。

●薬用シャンプー

皮膚の炎症や荒れなどの改善を目的としたシャンプーで、病院でアレルギーや皮膚の検査を受け、その原因を除去するためにお薬と合わせて処方されるシャンプーです。

薬用シャンプーの詳細はこちら⇒薬用シャンプー

エリナ
かゆみやフケを抑え、マラセチア皮膚炎や膿皮症の予防や改善の効果があるシャンプーです。
抗菌作用によって細菌や真菌から皮膚を保護することで、皮膚の健康を守ります。
詳細はこちら⇒エリナ

ダーマケアナチュラルシャンプー
低刺激な弱酸性のシャンプーです。
開発には獣医が携わり、刺激性の成分を含まず、低アレルギー性界面活性剤を使用することで敏感肌のペットにも使えるシャンプーです。
アレルギーやアトピーのペットには特におすすめで、原因菌の繁殖を予防します。
詳細はこちら⇒ダーマケアナチュラルシャンプー

ヴェトセブ(サルファサリチル酸シャンプー)
脂漏症の皮脂をコントロールし、フケを改善する効果があります。
有効成分の働きによって過剰に形成されたフケ、過剰分泌された皮脂を取り除きます。
また、真菌や細菌を死滅させる効果がある他、脂漏症に伴う皮膚の炎症も緩和してくれます。
詳細はこちら⇒ヴェトセブ(サルファサリチル酸シャンプー)

マラセブシャンプー
マラセチア皮膚炎に効果がある薬用のシャンプーです。
有効成分がマラセチア真菌とブドウ球菌を殺菌し、過度な皮脂を洗い流すことで菌の繁殖を抑え、皮膚炎の症状を改善します。
詳細はこちら⇒マラセブシャンプー

メディダームシャンプー
マラセチア皮膚炎を予防する薬用のシャンプーです。
硫酸系界面活性剤のサルフェートを含んでおらず、皮膚や被毛にダメージを与えない低刺激のシャンプーです。
詳細はこちら⇒メディダームシャンプー

ミコテックスシャンプー
マラセチア皮膚炎の炎症やかゆみを緩和する効果のあるシャンプーです。
有効成分がマラセチアの原因菌を殺菌することで、炎症とかゆみを緩和します。
詳細はこちら⇒ミコテックスシャンプー

セバゾールシャンプー
皮膚感染症用の薬用シャンプーで、脂漏性皮膚炎、表在性膿皮症、深在性膿皮症などの皮膚感染症の治療に有効です。
抗菌作用のある有効成分が皮膚の状態を整え、皮膚感染症を改善します。
詳細はこちら⇒セバゾールシャンプー

プロポリスワン・ペット用シャンプー
天然成分が配合された皮膚病予防やノミ、ダニなど、幅広い症状に有効な薬用シャンプーです。
アトピーや皮膚炎など、かゆがりなペットに有効で、子犬や子猫に対しても使用することができるシャンプーです。
詳細はこちら⇒プロポリスワン・ペット用シャンプー

●美容・スキンケアシャンプー、虫除け

主に被毛のケアや皮膚に潤いを与えることを目的としたシャンプーで、犬種、毛質に応じて使い分けます。
ホワイトカラーやブラックカラーなど、被毛の状態や被毛本来の輝きと色をキープ、ツヤと潤いを与えることができるシャンプーです。

リチャードオーガニックアンチバクテリアシャンプー
天然由来の成分による殺菌作用があり、肌荒れや肌の乾燥、フケやかゆみなどを改善し、皮膚と被毛を健康的に保つ効果があります。
詳細はこちら⇒リチャードオーガニックアンチバクテリアシャンプー

リチャードオーガニックデオドラントシャンプー
汚れや臭い、余分な皮脂を洗い落とし、ハリとツヤのある皮膚と被毛へ改善します。
皮膚の乾燥や肌荒れ、フケやかゆみを改善する効果もあります。
詳細はこちら⇒リチャードオーガニックデオドラントシャンプー

フロントラインペットケア・ホワイトコートシャンプー
被毛の色が白や明るい色の犬・猫専用のシャンプーで、被毛を紫外線から守り、本来の色をより鮮やかにするための商品です。
敏感肌のペットにも使用することができます。
詳細はこちら⇒リチャードオーガニックデオドラントシャンプー

まとめ

被毛に守られている犬や猫の皮膚は、一見すると丈夫そうにみえます。
しかし、実は人間以上にデリケートな皮膚を持っているためにスキンケアは重要です。
さまざまなシャンプーが販売されていますが、使用方法や用量を守らなければ十分な効果を得られないばかりか、かぶれの原因となったり、炎症を悪化させてしまう恐れもあります。

ペットの皮膚の健康を守れるのは飼い主さんしかいません。
まずは正しい知識を身に着け、大切なペットの皮膚をトラブルから守りましょう。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
ようこそ、ぽちたま薬局へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

ぽちたまメディア
ぽちたま薬局公式twitter

Twitter限定キャンペーンなどお得な情報がいっぱい!


ぽちたま薬局スタッフブログ

ぽちたま薬局のスタッフがペットのご飯にフォーカスし、ペットの健康を考えます。

お知らせお知らせ一覧
上へ