シャンプー

更新日:
マラセチアの治療に人気の薬用シャンプー、虫除けシャンプー、スキンケアシャンプーなど、犬猫のシャンプーを海外から格安でお届け。低刺激のものや毛並みを整える商品も取り揃えています。

売れ筋ランキング

  • シャンプー 総合
  • 薬用シャンプー
  • 虫除けシャンプー
  • 毛づや・スキンケア・消臭

シャンプーの商品一覧

もっと見る


ペットのシャンプー通販ガイド

ペットのシャンプー通販ガイド

犬や猫の皮膚や被毛はデリケートで、長期間シャンプーしなければ、ノミやダニ、真菌、汚れなどによる様々な皮膚トラブルを引き起こしてしまうことがあります。
昨今の犬猫ブームによって様々なペットグッズが販売されていますが、シャンプーもそのひとつです。
また、トリミングサロンなどでもシャンプーのサービスが行われています。

しかし、動物用のシャンプーは人間用のシャンプーの何倍もの値段がするものも珍しくありません。

「毎月のシャンプー代をもう少し安くしたい…」

「重たいシャンプーを持って帰るのが大変…」

「トリミングサロンでなく自分でシャンプーをしてあげたい…」

このような悩みを抱えている飼い主さんは多いのではないでしょうか。

実は、これらの悩みはペットのシャンプーを通販での購入に切り替えればほとんど解決します。

ペット用のシャンプーはその用途ごとに種類も多いので、選び方なども合わせてここでは説明していきます。

犬にシャンプーが必要な理由

犬にシャンプーが必要な理由

愛犬にシャンプーは必要なのでしょうか?
結論から言えば、愛犬のシャンプーはぜひ習慣づけて欲しいケアです。
その大きな理由としては、やはり汚れや気になるニオイの問題があります。

愛犬の体にはお散歩や食事などでついた汚れの他にも、体の中から分泌される皮脂や排泄物による汚れが溜まっていきます。
飼い主さんが気が付きにくいような汚れが溜まっていることも多く、これらは気になるニオイの原因になってしまいます。

犬の皮膚はデリケートなので、汚れを放っておくと皮膚病などの原因となってしまうこともあります。
また、シャンプーを怠ってしまうことで、被毛にノミやダニが繁殖してしまうリスクも高まります。

定期的なシャンプーで汚れやニオイをケアして、飼い主さんもワンちゃんも、お互いが健康で快適に過ごせるようにしましょう。

犬のシャンプーには皮膚や被毛を清潔に保つためのもの以外にも、すでにかかっている皮膚病の治療に使う薬用シャンプーや、虫除けの効果を持ったシャンプーなどもあります。

犬のシャンプーの注意点

必ず犬用のシャンプーを

犬の皮膚は人間以上にデリケートであるため、シャンプーは必ず低刺激な犬用のシャンプーを使用しましょう。
犬用のシャンプーは犬の肌のpH値に合うように調整されています。
人間用のシャンプーを使ってしまうのは犬の皮膚に必要以上刺激を与えてしまうので避けましょう。

シャンプーは適切な頻度が大切

犬のシャンプーは、2週間~1ヶ月に1回くらいの頻度がメーカーや動物病院などからも多く推奨されています。
ただしあくまでも目安であり、実際の汚れ具合や臭いの気になってきたタイミングでシャンプーをしてあげましょう。

あまり頻繁にシャンプーをしすぎるのも、必要な皮脂まで落としてしまい皮膚のトラブルの原因となってしまうので注意が必要です。

猫にもシャンプーは必要?

猫にもシャンプーは必要?

猫のシャンプーは、よほどの汚れがない限りはする必要はないと言われています。

一般的に、猫は水に濡れるのを嫌う場合がほとんどです。
また、猫は自分の舌でセルフグルーミング(毛づくろい)を行い体を清潔に保つ習性があります。

このようなこともあり、猫は犬ほどのシャンプーの必要性はありません。

ただし、長毛種や高齢の猫などはシャンプーが必要な場合もあります。

シャンプーが必要な猫

長毛種

長毛種の猫はグルーミングが行き届かずに汚れが目立つことがあるため、汚れの場合によってはシャンプーをしてあげましょう。

太った猫

太った猫は口が汚れた部分に届かず、グルーミングが行き届いていない場合があります。
汚れが目立ったり、固まってしまっているのが確認できる場合はシャンプーをしてあげましょう。

病気や高齢の猫

病気や高齢で思うようにグルーミングができない場合は被毛が汚れてしまう場合があります。
濡れること自体がストレスとなる猫の場合はできる限り控えてあげたいところですが、あまりにも汚れが目立つ場合はシャンプーをしてあげましょう。

ペット用のシャンプーの種類と選び方

ペット用のシャンプーの種類と選び方

ペット用のシャンプーと言っても、種類が多すぎてどのようなものを選べばいいのか迷ってしまうことはありませんか?
しかも海外製のものであれば、説明が英語表記だったりするため、どういう効能があってどんな時に使えば良いのかわかりませんよね。
ここでは目的ごとのおすすめのペット用のシャンプーについて説明しています。

薬用シャンプー

皮膚の炎症や荒れなどの症状がある場合は薬用シャンプーを使うようにしましょう。
薬用シャンプーは皮膚の症状の改善を目的としたシャンプーで、病院でアレルギーや皮膚の検査を受け、その原因を除去するためにお薬と合わせて処方されるシャンプーです。

薬用シャンプーの詳細はこちら⇒薬用シャンプー

エリナ

かゆみやフケを抑え、マラセチア皮膚炎や膿皮症の予防や改善の効果があるシャンプーです。
抗菌作用によって細菌や真菌から皮膚を保護することで、皮膚の健康を守ります。
詳細はこちら⇒エリナ

マラセブシャンプー

マラセチア皮膚炎に効果がある薬用のシャンプーです。
有効成分がマラセチア真菌とブドウ球菌を殺菌し、過度な皮脂を洗い流すことで菌の繁殖を抑え、皮膚炎の症状を改善します。
詳細はこちら⇒マラセブシャンプー

メディダームシャンプー

マラセチア皮膚炎を予防する薬用のシャンプーです。
硫酸系界面活性剤のサルフェートを含んでおらず、皮膚や被毛にダメージを与えない低刺激のシャンプーです。
詳細はこちら⇒メディダームシャンプー

ミコベットメディケートシャンプー

マラセチア皮膚炎の炎症やかゆみを緩和する効果のあるシャンプーです。
有効成分がマラセチアの原因菌を殺菌することで、炎症とかゆみを緩和します。
詳細はこちら⇒ミコベットメディケートシャンプー

セバゾールシャンプー

皮膚感染症用の薬用シャンプーで、脂漏性皮膚炎、表在性膿皮症、深在性膿皮症などの皮膚感染症の治療に有効です。
抗菌作用のある有効成分が皮膚の状態を整え、皮膚感染症を改善します。
詳細はこちら⇒セバゾールシャンプー

プロポリスワン・ペット用シャンプー

天然成分が配合された皮膚病予防やノミ、ダニなど、幅広い症状に有効な薬用シャンプーです。
アトピーや皮膚炎など、かゆがりなペットに有効で、子犬や子猫に対しても使用することができるシャンプーです。
詳細はこちら⇒プロポリスワン・ペット用シャンプー

美容・スキンケアシャンプー

スキンケアなどの美容目的や、消臭を行いたい場合はそのような効果に特化したシャンプーを選ぶと良いでしょう。

被毛のケアや皮膚に潤いを与えることを目的としたシャンプーは、犬種、毛質に応じて使い分けます。
ホワイトカラーやブラックカラーなど、被毛の状態や被毛本来の輝きと色をキープ、ツヤと潤いを与えることができるものもあります。

スキンケアシャンプーの詳細はこちら⇒毛づや・スキンケア・消臭

リチャードオーガニックアンチバクテリアシャンプー

天然由来の成分による殺菌作用があり、肌荒れや肌の乾燥、フケやかゆみなどを改善し、皮膚と被毛を健康的に保つ効果があります。
詳細はこちら⇒リチャードオーガニックアンチバクテリアシャンプー

リチャードオーガニックデオドラントシャンプー

汚れや臭い、余分な皮脂を洗い落とし、ハリとツヤのある皮膚と被毛へ改善します。
皮膚の乾燥や肌荒れ、フケやかゆみを改善する効果もあります。
詳細はこちら⇒リチャードオーガニックデオドラントシャンプー

フロントラインペットケア・ホワイトコートシャンプー

被毛の色が白や明るい色の犬・猫専用のシャンプーで、被毛を紫外線から守り、本来の色をより鮮やかにするための商品です。
敏感肌のペットにも使用することができます。
詳細はこちら⇒リチャードオーガニックデオドラントシャンプー

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
ようこそ、ぽちたま薬局へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

ぽちたまメディア
ぽちたま薬局公式twitter

Twitter限定キャンペーンなどお得な情報がいっぱい!


ぽちたま薬局スタッフブログ

ぽちたま薬局のスタッフがペットのご飯にフォーカスし、ペットの健康を考えます。

お知らせお知らせ一覧
上へ