クレデリオ錠
  • クレデリオ錠
  • クレデリオ錠
  • クレデリオ錠
  • クレデリオ錠
  • クレデリオ錠
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

クレデリオ錠

更新日:
クレデリオ錠は犬用のチュアブルタイプのノミやマダニ駆除薬です。
投与成功率は脅威の99%と高く、1回の投与で効果は1ヶ月持続します。
  • マダニの駆除
  • ノミの駆除

有効成分:ロチラネル

ご注文

クレデリオ錠 S(1.3~2.5kg)3錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,700(5,7001箱あたり
171
売切れ
2箱
10,800(5,4001箱あたり
324
売切れ
3箱
15,400(5,1331箱あたり
462
売切れ
4箱
19,500(4,8751箱あたり
585
売切れ

クレデリオ錠 M(2.5~5.5kg)3錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,800(5,8001箱あたり
174
売切れ
2箱
11,000(5,5001箱あたり
330
売切れ
3箱
15,700(5,2331箱あたり
471
売切れ
4箱
19,800(4,9501箱あたり
594
売切れ

クレデリオ錠 L(5.5~11kg)3錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,000(6,0001箱あたり
180
売切れ
2箱
11,400(5,7001箱あたり
342
売切れ
3箱
16,200(5,4001箱あたり
486
売切れ
4箱
20,500(5,1251箱あたり
615
売切れ

クレデリオ錠 LL(11~22kg)3錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,300(6,3001箱あたり
189
売切れ
2箱
11,900(5,9501箱あたり
357
売切れ
3箱
17,000(5,6661箱あたり
510
売切れ
4箱
21,600(5,4001箱あたり
648
売切れ

成分一覧

クレデリオ錠S(1.3~2.5㎏)
ロチラネル56mg/1錠

クレデリオ錠M(2.5~5.5㎏)
ロチラネル112mg/1錠

クレデリオ錠L(5.5~11㎏)
ロチラネル225mg/1錠

クレデリオ錠LL(11~22㎏)
ロチラネル450mg/1錠

商品詳細


商品の特長

・犬専用のノミ・マダニ駆除薬
・優れた即効性
・99%の投与成功率



クレデリオ錠は犬専用のノミ・マダニ駆除薬です。
投与から4時間で効果が現れるという即効性があり、感染症の予防やかゆみの緩和につながります。

また、副作用が少なく、ビーフフレーバーが付いており投与成功率が99%となっています。

犬専用のノミ・マダニ駆除薬


クレデリオ錠は、犬専用のチュアブルタイプのノミやマダニ駆除薬です。

クレデリオ錠には、ロチラネルという有効成分が含まれています。
ロチラネルはノミやマダニといった節足動物の中枢神経に作用して、制御不能な状態にします。
哺乳類には作用せず、ノミやダニに対してノミ効果を示します。

即効性に優れている


本剤は即効性に優れています。
投与してから4時間後には効果が現れ始め、ノミは6時間、マダニは8時間でほとんどの駆除が完了します。
薬が早く効くということは感染症のリスク低減や、かゆみによるペットのストレスの軽減につながる非常に重要な要因となります。

そしてこの効果は1ヵ月にわたって持続します。

投与成功率99%の食いつきの良さ!


クレデリオ錠は、犬の嗜好を追求したビーフフレーバーのチュアブル錠です。

メーカーが実施した嗜好性試験では99%以上の飼い主が飼い犬への投与に成功しました。
また、チワワなどの小型犬を含む80犬種180頭の犬が毎月1回3ヵ月間、飽きることなく食べ続けました。

副作用の報告がない


クレデリオ錠は副作用の報告がなく、安全性が高いことで知られています。
通常の5倍の量を投与する実験など、国の臨床試験で副作用と思われる異常は認められなかったとの報告が出ています。

投与方法・使用方法

クレデリオ錠の投与方法は3つです。
手から食べさせるか、お口に直接入れる、またはフードに混ぜてもOK!

犬の体重1kgあたり20mgのロチラネルを基準量として、食事と同時または食後30分以内に経口投与します。

体重1.3~2.5㎏以下クレデリオ錠S(56mg)×1錠
体重2.5~5.5㎏以下クレデリオ錠M(112mg)×1錠
体重5.5~11.0㎏以下クレデリオ錠L(225mg)×1錠
体重11.0~22.0㎏以下クレデリオ錠LL(450mg)×1錠


体重22kgを超える犬には、錠剤を適切に組み合わせて使用してください。

副作用

副作用の報告はされておりませんが、異常を感じた際は直ちに使用を中止し、獣医師にご相談ください。

注意事項

・8週齢未満の子犬や、体重1.3㎏未満の犬へは投与しないでください。
・妊娠中や授乳中の犬に対する安全性は確認されていないため、使用は避けてください。
・有効成分または添加物に過敏症の犬には使用しないでください。

メーカー

上へ