ミルベマックスフレーバー錠
  • ミルベマックスフレーバー錠
  • ミルベマックスフレーバー錠
  • ミルベマックスフレーバー錠
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ミルベマックスフレーバー錠

更新日:
ミルベマックスフレーバー錠は猫の回虫、鉤虫、瓜実条虫を駆除できるお薬です。
嗜好性の高いビーフフレーバー錠なので投薬も簡単です。
  • 猫回虫の駆除
  • 猫鉤虫の駆除
  • 瓜実条虫の駆除

有効成分:ミルベマイシンオキシム、プラジクアンテル

ご注文

ミルベマックスフレーバー錠 小型猫・子猫用(0.5kg~2kg)2錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,700(2,7001箱あたり
81
カゴに入れる
2箱
5,100(2,5501箱あたり
153
カゴに入れる

ミルベマックスフレーバー錠 成猫用(2kg以上)2錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,300(3,3001箱あたり
99
カゴに入れる
2箱
6,200(3,1001箱あたり
186
カゴに入れる

成分一覧

小型猫・子猫用(0.5kg~2kg)
ミルベマイシンオキシム4mg、プラジクアンテル10mg/1錠

成猫用(2kg以上)
ミルベマイシンオキシム16mg、プラジクアンテル40mg/1錠

商品詳細

●2つの有効成分で猫のおなかの虫に幅広い駆除効果を発揮
ミルベマックスフレーバー錠はミルベマイシンオキシムとプラジクアンテルという2つの有効成分を配合したお薬です。
この2つの有効成分の働きにより猫に寄生する回虫、鉤虫、瓜実条虫を駆除できます。

ミルベマイシンオキシムはマクロライド系に分類される駆虫剤の成分です。
寄生虫の神経細胞や筋肉細胞の膜を過分極させることで、非痙攣(けいれん)性の麻痺を起こして駆虫します。
犬の抗フィラリア薬として広く用いられていますが、回虫、鉤虫、節足動物などの寄生虫にも高い駆除効果を発揮します。

プラジクアンテルは、寄生虫の細胞膜のカルシウムイオン透過性を上昇させることで、麻痺、収縮を起こす駆虫剤の成分です。
正確な作用機序は明らかになっていないものの、条虫類をはじめとする内部寄生虫への高い駆除効果から、人間や魚類の医薬品としても広く用いられています。

どちらも経口摂取後は1時間で最高血中濃度に到達する即効性の高い成分です。

●嗜好性の高いビーフフレーバー錠
猫の好みに合わせたビーフフレーバー(原料は豚肉由来)の錠剤です。
メーカーが行った実験では42%の猫が直接手のひらから錠剤を食べています。

また、ドライフードに混ぜた場合は82%、ウェットフードに混ぜた場合は100%の猫がお薬を摂取しています。

小型猫・子猫用、成猫用どちらの錠剤も長辺が1cmという食べやすい大きさです。

●優れた安全性
開発メーカーが行った実験では、妊娠中猫や授乳中の母猫、子猫に対しての投薬でも異常は確認されていません。

投与方法・使用方法

体重1kgあたりミルベマイシンオキシムとして2mg、プラジクアンテルとして5mgを基準量として1回を食事と一緒にまたは食後に経口投与してください。

小型猫・子猫用
0.5kg以上1kg以下0.5錠
1kgを超え2kg以下1錠


成猫用
2kg以上4kg以下0.5錠
4kgを超え8kg1錠


嗜好性に優れるフレーバー錠なので手から直接与えることできますが、どうしても食べない場合はウェットフードに混ぜて与えみてください。
製薬メーカーが行なった試験ではウェットフードに混ぜることで100%の猫が摂取しています。

副作用

嘔吐や下痢の症状が見られることがあります。
異常が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。

注意事項

・猫以外には使用しないでください。
・6週齢未満の猫には投与しないでください。
・体重が0.5kg未満の猫には使用しないでください。
・犬糸状虫(フィラリア)陽性猫には投与しないでください。
・重度に衰弱した猫、重度の腎・肝生涯の猫に対する安全性は確立されていません。これらの動物に対しての投与は推奨されませんが、やむを得ず使用する場合には、本剤投与により対象動物の健康が維持されるなどベネフィットが得られるかどうか獣医師が慎重に判断した上で投与するようにしてください。
・猫の生活環境により寄生虫の再感染が懸念される場合には、定期的な再検査及び再投与を推奨します。
・豚肉への食物アレルギーがある猫の場合、獣医師の指導の下投薬は慎重に行ってください。
・メーカーが行なった試験では十分な安全性が確認されていますが、投与を推奨するものではありません。妊娠中や授乳期の母猫、子猫に対しては投与は慎重に行ってください。

メーカー

上へ