ストロングハートプラス
  • ストロングハートプラス
  • ストロングハートプラス
  • ストロングハートプラス
  • ストロングハートプラス
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ストロングハートプラス

更新日:
ストロングハートプラスは、犬のフィラリア予防薬です。
フィラリア予防と同時に回虫、鉤虫、鞭虫の消化管内線虫の駆除も可能なお薬です。
牛肉風味で食べやすく、月に1回の投与でペットの体を寄生虫から守ります。
  • 犬糸状虫症予防
  • 消化管内線虫(回虫、鉤虫、鞭虫)の駆除

有効成分:イベルメクチン、ピランテル

ご注文

ストロングハートプラス 小型犬用(5.7~11.3kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,500(2,5001箱あたり
75
カゴに入れる

ストロングハートプラス 中型犬用(11.4~22.6kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,500(3,5001箱あたり
105
カゴに入れる

ストロングハートプラス 大型犬用(22.7~45.3kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,700(3,7001箱あたり
111
カゴに入れる

成分一覧

小型犬用(11㎏以下)
イベルメクチン68mcg、ピランテル57mg

中型犬用(12~22㎏以下)
イベルメクチン136mcg、ピランテル114mg

大型犬用(23~45㎏)
イベルメクチン272mcg、ピランテル227mg

商品詳細

●犬のマルチなフィラリア予防薬
ストロングハートプラスは、サバベット社が製造、販売する犬用のフィラリア予防薬です。

フィラリア予防だけでなく、おなかの虫に対しての駆除効果も備えていることから、マルチなフィラリア予防薬として人気があります。

ストロングハートプラスは有効成分として、イベルメクチンとピランテルの2つを含有しています。

【イベルメクチン】
イベルメクチンは、マクロライド類に分類される物質です。
フィラリア幼虫の駆除や腸管糞線虫症の経口駆虫薬、疥癬、毛包虫症の治療に用いられます。

【ピランテル】
ピランテルは、抗線虫作用を有した有機化合物です。
主に犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、胃蠕虫(ぜんちゅう)に対し駆除効果を発揮します。

●ハートガードプラスのジェネリック医薬品
ストロングハートプラスは、ハートガードプラス(カルドメック)のジェネリック医薬品です。
ハートガードプラス(カルドメック)と同一成分、同様の効果を持っていますが、より低価格でご購入することが可能です。

●1回の投与で効果が長時間持続
本剤は、効果が長時間持続する特徴があります。
月に1回の投与で愛犬をフィラリアや、おなかの虫から守ることができます。

●おやつとして投薬が可能
ストロングハートプラスは、犬の嗜好性を考えた牛肉風味のソフトチュアブルとして作られています。
細かくちぎってフードに混ぜるか、おやつとして直接与えることも可能で投薬の手間がかかりません。
安全性も高く、子犬や妊娠中の犬への投薬も可能です。

投与方法・使用方法

蚊の発生の時期から蚊がいなくなって1ヶ月後くらいまで、月に1度投与します。

ドッグフードに混ぜて与えるか、直接食べさせてください。
投与する際にペットが薬剤をそのまま飲み込まないように、できるだけ噛ませるようにします。

※投与前には必ず血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認してください。

副作用

・異常が出た場合は直ちに使用を中止し、獣医師へご相談ください。
・1.1%の割合で、嘔吐や吐き気の症状が報告されています。
・1時間以内に吐き出してしまった場合、2~3日後に再度投与するか別のお薬をお試しください。
・鬱、無気力、嘔吐、食欲不振、下痢、瞳孔散大、運動失調、よろめき、けいれん、唾液分泌過多などが見られることがあります。

注意事項

・投与を開始する前には必ずフィラリアの血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認してください。
・体重に合わせた用量を守って服用させてください。
・コリー犬種はイベルメクチンに対して過敏に反応する場合があるので、用量の注意が必要です。
・妊娠中や授乳中のペットに与える場合は、事前に獣医師にご相談ください。
・本剤は離乳前の子犬には投与しないでください。

メーカー

上へ