キウォフハート
  • キウォフハート
  • キウォフハート
  • キウォフハート
  • キウォフハート
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

キウォフハート

更新日:
フィラリア予防薬最安値!
キウォフハートは犬のフィラリア予防薬カルドメックのジェネリック。
一回の投与でフィラリア予防と同時に回虫、鉤虫、鞭虫の消化管内線虫の駆除も行えます。
  • 犬糸状虫症予防
  • 消化管内線虫(回虫、鉤虫、鞭虫)の駆除

有効成分:イベルメクチン、パモ酸ピランテル

ご注文

キウォフハート 小型犬用(5.7~11.3kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,300(2,3001箱あたり
69
カゴに入れる

キウォフハート 中型犬用(11.4~22.6kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,100(3,1001箱あたり
93
カゴに入れる

キウォフハート 大型犬用(22.7~45.3kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,600(3,6001箱あたり
108
カゴに入れる

成分一覧

小型犬用(11㎏以下)
イベルメクチン68mcg、ピランテル57mg

中型犬用(12~22㎏以下)
イベルメクチン136mcg、ピランテル114mg

大型犬用(23~45㎏)
イベルメクチン272mcg、ピランテル227mg

商品詳細

犬用フィラリア予防薬最安値!抜群のコスパを誇るキウォフハートはカルドメックのジェネリックです。

フィラリアの予防と同時におなかの虫(回虫、鉤虫、鞭虫)も駆除できます。

こちらはオヤツタイプでなくチュアブルタブレットの錠剤になります。

●2つの成分の相乗効果

キウォフハートの有効成分はカルドメックやイベルメックと同じイベルメクチンとピランテル。

2つの成分の相乗効果で高い駆虫効果を誇ります。

【イベルメクチン】
イベルメクチンはマクロライド類に属する物質で、代表的なフィラリア予防薬として知られています
腸管糞線虫症の経口駆虫薬や、毛包虫症の治療薬としても用いられます。

【パモ酸ピランテル】
ピランテルは、抗線虫作用を有している有機化合物です。
主に犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、胃蠕虫(ぜんちゅう)を駆除する効果があります。

●チュアブルタブレットだから半分に割って使える
キウォフハートはカルドメックのようなオヤツタイプではなく、チュアブルタブレットという噛んで服用する錠剤です。

キウォフハートの錠剤には割線がついていますので、半分に割るなどして犬の体重に合わせた成分量の調整が可能です。

よくあるご使用方法として実際の体重よりも1サイズ大きな商品を購入し、半分に割って投与するという方法があります。

錠剤を半分に割る際はピルカッターなどを利用するとキレイに割ることができます。

余った錠剤はラップをするなどして冷暗所で保管してください。

投与方法・使用方法

キウォフハートは犬専用のお薬です。

前年にフィラリア予防を行っていない場合は事前にフィラリア検査で陰性であることを確認してから投与を行ってください。

投与量は1回1錠です。

フィラリア予防には蚊の発生から終息の1~2ヶ月後までの期間、毎月1回与えてください。(地域によって予防期間が変わります。)

投与のし忘れを避けるため、毎月同じ日付で与えると良いでしょう。

フードを少量与えた後にそのまま食べさせるか、錠剤を割ってフードに混ぜて与えてください。

また、そのまま飲み込むよりも噛んでから食べることが推奨されています。

ペットが飲み込んでしまうようでしたら、割ってから与えるようにしましょう。

用量は体重1㎏に対して

・イベルメクチン6mcg(マイクログラム)/1㎏
・パモ酸ピランテル5mg/1㎏

体重が11㎏以下の犬には小型犬用を1錠/月となります。

副作用

・異常が見られた場合は直ちに使用を中止し、獣医師へご相談ください。
・嘔吐や吐き気の症状が1.1%の割合で報告されています。
・1時間以内に吐き出してしまった場合、2~3日後に再度投与するか別のお薬をお試しください。
・鬱、無気力、嘔吐、食欲不振、下痢、瞳孔散大、運動失調、よろめき、けいれん、唾液分泌過多などが見られることがあります。

注意事項

・投与を開始する前には必ずフィラリアの血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認してください。
・体重に合わせた用量を守って服用させてください。
・コリー犬種はイベルメクチンに対して過敏に反応する場合があるので、用量の注意が必要です。
・妊娠中や授乳中のペットに与える場合は、事前に獣医師にご相談ください。
・本剤は離乳前の子犬には投与しないでください。
・本剤の使用により発疹などの副作用が認められた場合には、速やかに使用を中止して獣医師の診察を受けてください。

メーカー

上へ